Event is FINISHED

【世界へ発信する音楽とテクノロジーのライブイベント!】Music×Tech Showcase - TIMM Special Event -

Description

【イベント概要】


東京国際ミュージック・マーケット(TIMM)はオール音楽業界で行う日本で唯一の公式の国際音楽見本市で、多数の海外バイヤーが音楽のライセンスビジネスやライブ・イベントビジネス等を目的として来日します。

本イベントはTIMMのスピンオフイベントとして、「音楽×テクノロジー」をテーマにアーティストとテクノロジストのコラボレーションによるライブステージをご覧いただくことができます。
2つのステージ、立体音響リスニングルーム、DJブースのある会場でフェス形式に様々なイベントを開催。

メイン会場である2つのライブステージにはWonder Screenという透過型のスクリーンが設置され、ホログラムによる立体映像とアーティストパフォーマンスとのコラボレーションを楽しんでいただけます。



【タイムテーブル】※


■Flower Floor(ライブ会場)

18:35 〜 AI Tommy
18:55 〜 キミノオルフェ
19:25 〜 ・POINT
20:00 〜 小南千明
20:35 〜 SIRO-A


■Bird Floor(ライブ会場)

18:30 〜 SHOSA
18:40 〜 Yup`in
19:05 〜 レ・ロマネスク
19:40 〜 あーるちゃん
20:15 〜 SpininGReen
20:50 〜 AIMI


■Moon Floor(立体音響体験ルーム)

①17:15〜17:30 立体音響体験会
②18:50〜19:05 立体音響体験会
③17:15〜17:30 立体音響体験会
④17:15〜17:30 立体音響体験会
⑤17:15〜17:30 立体音響体験会

■Moon Floor(バーカウンター)

17:30 〜 18:30 TouchDesignerセミナー(Ben Voigt&松山周平)


【チケット】


¥2,000(ドリンク代別)



【ライブ出演者(50音順)】


AIMI




2008年にステレオポニーとしてメジャーデビュー。音楽番組や大型フェスに多数出演、雑誌KERAの表紙モデルを始め幅広い活躍ののち、2012年に解散。元 serial TV drama の新井弘毅氏と期間限定のユニットAlice in UNDERGROUNDを経て、2016年にAIMIとして本格的にソロ活動をスタート。

2017年には、LINE MUSICにて2月に2曲同時配信、3月には4週連続でシングルを配信し、4月には初のワンマンライブを実施するなど、精力的に活動。
2017年9月、クラウドファンディング「CAMPFIRE」にてフルアルバム制作プロジェクトをスタートし、開始8分で目標額を達成。最終的に目標額の360%の支援を集め、2018年4月4日、1st Full-Album「アイミライオン」の発売が決定した。


あーるちゃん




全世界4,000万人のユーザーを誇るライブ配信アプリ「17Live(イチナナ)」で2018年度日本大会3連覇、そしてとうとうワールドグランプリを獲得して世界一となったのを機に17Liveを電撃引退。
そして今年6月にメジャーデビューを実現したバンドBlueHairsバンマス Hattoryのサウンドプロデュースを得て1st MusicVideo「ねぇ」をYouTubeに発表し、アーティストとしての挑戦を開始。
また17Liveでの経験を元に、SHOWROOMでライブを行うアーティストのサポートも展開し始める等多彩な活動を進めている。


キミノオルフェ




キミ吟遊詩人になる”というテーマで活動するVo.蟻(ex-蟲ふるう夜に)ソロプロジェクト。
“あなた”
人生に起こった物語を詩、楽曲、イラスト、そして映像で表現している。楽曲は「ポエトリーポップ(Poetry Pop)」という新ジャンル。
活動開始から2年制作期間を経て、2018年6月4日に1stアルバム『が息を吸い、僕がそれを吐いて』をリリース

小南千明




DAW(Digital Audio Workstation)を使って作詞/作曲/編曲を行い、ライブ/ネットで発信し注目を集める新世代のシンガーソングライター。
2016年スタートさせた主催イベント『DAW女子会』は、同じようにDAWで音楽を制作す る”DAW女”を集結させたイベントとして評判を呼び、2018年7月で8回目を数える。
2016年、オーディション・イベント『MID of MESELLBA Vol.6』にてグランプリを獲得し ポニーキャニオンよりメジャーデビュー決定。
2017年11月19日に3度目のワンマンライブ「WARP」を開催。デジタルクリエイターとの コラボによるテクノロジー演出を交えたライブを実現し、成功させた。


SIRO-A




近未来型エンタテインメント集団 ”SIRO-A”
空間やステージ上に映像を映し出す「プロジェクションマッピング」を駆使し、「パフォー マンス」と「テクノサウンド」を融合させた近未来型エンタテイメント集団。
テクノロジーと共に、ステージ上で人間のイマジネーションの限界に挑戦する。
ダンス・マイム・コメディ、その全ての要素を兼ね備えたSIRO-Aのノンバーバル・パ フォーマンスは、年齢・国籍を超え、観る者すべてに驚きと感動を与える。


SpininGReen




SpininGReenはDance × Fashion × Technology をMixし、Enter-Techなステージを創造するPerformance Team。
Model・Dancer・Singerであるメンバーが音楽家・テクノロジスト・ビジュアリストとコラボし、次々と新しい可能性に挑戦、身体表現の拡張とオリジナリティを追求している。


・POINT(ポイント)




クラッシクバレエを修得した4人のバレエダンサーがエレクトロニック・ダンス・ミュージックに乗せて歌い踊る、史上類を見ないバレエ/ヴォーカル・ユニット。
各分野のクリエイターとのコラボレーションにより、バレエ作品をはじめ様々なテーマ、モチーフを作品化、パフォーマンス。最新の音楽、ダンス、ファッション、アート、テクノロジーが融合した21世紀のバレエ・アートを発信する。


レ・ロマネスク




ポップ音楽ユニット。TOBI(トビー)とMIYA(ミーヤ)によりフランスのパリで結成。
世界12カ国50都市以上で公演したのち、2011年フジロックフェスティバル出演を機に帰国。
NHK Eテレ「お伝と伝じろう」のメインキャストに抜擢され、マキシシングル3枚とアルバム1枚リリース、扶桑社から公式ファンブック出版。
カンボジアデビューや完全無音コンサート開催など、他のアーティストとは違ったアプローチで精力的に活動中。



AI Tommy



2017年8月、J-WAVEが日本IBMと共同でIBMのAI(artificial intelligence)であるWatsonを使って、ラジオAIアシスタントTommyを誕生させました。
毎週「INNNOVATION WORLD」に出演中。

番組内では、毎回登場するゲストのSNSや過去の取材記事、作品などのデータを収集して分析するゲストの性格診断や、様々な音楽データを学習しリスナーのリクエストに応える選曲を行っています。

流暢な英語で番組ジングルも担当しています。


Yup`in



タフで強く、やさしく。またひとりユニークな才能を持つ女性シンガーが現れた。
名前はYup’in(ヤピン)。
東京都出身Yup’in。

「Yup」にはスラングで「YES」という意味と「高飛車で生意気」という二つの意味が込められている。

彼女の最大の魅力は、その歌声だ。無骨というか野性的というかヤンチャというか。独特のざらつきがあるラフ&タフな声が歌詞に言霊を宿らせている。
真っ直ぐで、飾らないありのままの姿で我が道を突き抜ける姿勢とパワフルなパフォーマンス、ファッション性が注目され、熱い支持を受けている。


【セミナー登壇者】


Ben Voigt




Derivative社のエンジニア,TouchDesignerのR&D担当。
カナダのトロント生まれ,トロント大学にてコンピュータサイエンスを専攻。
過去に日本国内で何度もTouchDesignerのワークショップを実施。



松山周平




ビジュアルアーティスト/プログラマー 株式会社T&S R&D部 部長 広告インスタレーションや、企業のR&Dを主に手掛ける。
オーディオ・ビジュアル作品、インタラクティブなインスタレーション、MVのビジュアルエフェクトなど多岐に渡る活動を行っている。
またTouchDesigner User Group Japanを主催し、ワークショップの開催など、支援活動も行っている。




【主催】


PROMIC


一般財団法人音楽産業・文化振興財団はアジアをはじめ世界の音楽産業、音楽文化に関する調査および研究、普及および啓発、研修等の実施、フェスティバル等の開催および内外関係機関等との交流および協力等を行うことにより、国際的レベルでの音楽産業および音楽文化の振興を図り、もって日本経済の発展と文化の向上に寄与することを目的としています。
http://www.promic.net/




【企画制作】


Feel Live

「エンタメディア」というキーワードをベースに、エンターテインメントとメディアを融合させた、PR効果と「面白さ」を追求することをモットーに、
インタラクティブコンテンツや空間演出を含めたO2Oマーケティングなど、リアル、デジタルの垣根を超えたメディア制作を行っております。

http://feel-live.com/


【企画協力】


TECHS


2016年開始のTECHSはエンターテインメント×テクノロジー=「エンターテック(EnterTech)をカルチャーに」をテーマに活動するプロジェクトです。
メディア運営、音楽ライブ、ミートアップ等を軸に、新しいエンターテインメントシーンを創ります。



TuneCoreJapan


自分で作った楽曲を、利用者であれば、『誰でも』世界中(185ヶ国以上)の配信ストアで販売できる、米大手音楽配信ディストリビューションサービス『TuneCore』の日本版。
2012年10月より、日本でのサービスを開始しており、2017年末までにアーティストへの総還元額が30億円を突破。
国内外問わず、アーティストが楽曲販売可能な音楽配信ストアを追加し、積極的に事業展開をしている。





主催:PROMIC

企画協力:TECHS.、TuneCoreJapan

企画制作:Feel Live

協力:朝日新聞社メディアラボ、TouchDesinger User group、タワークリエイティブアカデミー

技術協力:MI7、Kissonix 3D、WonderWall、CRI・ミドルウェア
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#380553 2018-10-19 13:29:43
More updates
Wed Oct 24, 2018
5:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
入場券 SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
渋谷区 道玄坂2-10-12 新大宗ビル B2 Japan
Organizer
TECHS
237 Followers